忍者ブログ
プログラム実験・備忘録
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

UNIXでは、ログイン状態によってはBackSpaceが効かないなど、思わぬ動作をすることがある。
そして、そんなつもりはないのに、消せないファイルを作ってしまう。
そんなファイルを消すにはコツがある。

+ + + + + + + + + +
UNIXでは「\0」以外の文字でファイル名が作れるそうです。
制御文字(改行 \n とかバックスペース \b とか)が入っていても可能。
結果、変なファイルができちゃう。

まず、変な文字を含めてファイル名を表示するには
ls -q
これで初めて、「変な制御文字が入ってる!」って気づける。。。

これらを消すためにinode番号ってのが欲しい。これを知るのに
ls -i
もちろん、一気に
ls -qi
でもよし。

そして、このファイルを消すには、inode番号指定で以下
find . -inum 【inode番号】 -exec rm -f {} \;

ディレクトリの消去は、
find . -inum 【inode番号】 -exec rmdir {} \;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
広告
プロフィール
negao (38歳  男性)
土木工学卒でなぜかSEやってます。
最近、残業代も出なくなってツライな・・・
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
[19] [18] [17] [16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9]
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © するのは失敗、何もしないのは、、、 All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]